交通事故を起こした時には、示談を被害者と行い解決に至ることが、ほとんどです。そのときに、ほとんどの方は任意で自動車保険に入っているので、自動車保険会社のスタッフが示談の交渉を代わりに行ってくれるので、弁護士に相談する必要はないと感じている方は少なくありませんが、任意で自動車保険に入っていない場合や自動車保険会社のスタッフが示談交渉を行ってくれない場合もあります。
そのようなときには、弁護士に相談をすると様々なメリットが得られます。近頃は、着手金や相談にかかる費用が無料である法律事務所も増えているので、まずは交通事故の実績がある法律事務所であるかどうかを、しっかり確認しておく必要があります。交通事故の実績がある法律事務所が見つかれば、電話で問い合わせてみるのが良い方法です。

対等に示談交渉を進めるために相談をする

示談交渉を代わりに行ってくれない自動車保険に入っている場合は、保険金を受け取ることができても、示談交渉は加害者本人が行う必要があります。被害者が任意で自動車保険に入っていて、被害者の方にも過失が認められるときには被害者が入っている自動車保険会社のスタッフが示談交渉を行うことになります。
被害者の過失が認められない場合は被害者本人が示談交渉を行いますが、弁護士を代理人に立てている場合があります。
そうなってしまうと、示談交渉の素人である加害者がプロのスタッフや弁護士と交渉することとなり、とても対等に示談交渉が進められない状況に陥ることになります。対等に示談交渉を進めるために相談するべきなのが、交通事故問題の解決に実績のある弁護士であるということになります。

示談が早く合意に至るというメリット

弁護士は数多くの示談交渉を行ってきていますので、できるだけ早く示談を合意にこぎつけることができます。交通事故を起こしてしまったときには、刑事責任を加害者は追及されてしまいます。刑事責任の追及は裁判所で行われることとなります。この責任を和らげる方法として示談が合意に至っていることが大切になります。裁判所では重大な交通事故を引き起こしてしまった場合は例外としても、示談が既に合意に至っているときには、刑罰が重くなる可能性が低くなります。
そして、示談が合意に至っていることによって被害届を被害者に取り下げてもらうように要求するということも可能となります。そのためにも、裁判が完了する前に示談が合意に至っていることが必要になります。弁護士に示談交渉を依頼すると、加害者本人が交渉に臨むより、ずっと早く合意にこぎつけることが可能になります。