遺影のあれこれ

遺影といえば祖父が亡くなったときのことを思い出します。
祖父が亡くなったときのこれを作ることになったのですがそのときにどの写真を使えばいいのかについていろいろと考えました。
その結果10年前の写真が一番きれいな移りだったのでこれを使うことになったのです。
写真を渡すとそれを加工してくれてちゃんと背広を着ているかのようにしてくれていました。
その写真には実は親戚も一緒にのっていたのですがそれはちゃんと加工によって消してくれていました。
すごくいい写真だとほかの参列者の方にも言われたことを覚えています。
これはお年寄りの場合でしたら10年前とか20年前のものとかを使ってもいいんではないかと思います。
今とそれほど変わらないものであればいいのではないかと思います。
あまりにも昔のものはよくないと思うのですが、やはり写りのいいものを選びたいものなのではないかと思います。
私なら最初から自分で選んでおきたいと思います。

固定ページ